交通事故に遭ったら

交通事故に遭ってしまったら

  1. けが人の救護と危険防止の措置

    すぐに車を停車し、負傷者がいる場合にはすぐに救護に向かい、軽傷の場合は安全な所へ避難してもらい、重症の場合は無理に動かさずに、すぐに救急車を呼び到着を待ちましょう。
    また、後続車を誘導したり、事故発生を知らせるなどして二重事故を防ぐための措置を取りましょう。

  2. 警察に連絡する

    交通事故を起こしてしまったり、巻き込まれてしまったらすぐに警察に連絡しましょう。
    「大した事故ではないので大丈夫」という自己判断はしないようにしましょう。
    警察へ事故の連絡をしっかり行い「交通事故証明書」をもらいましょう。
    交通事故が原因の怪我や後遺症の治療を行う際に必ず必要になります。
    警察への連絡をしなかった場合は、証明書を入手できなくなりますのでご注意ください。

  3. 保険会社に電話する

    「自賠責保険」という保険があります。
    これは、車を購入する際、誰もが加入している保険です。
    当院のシステムは病院と同じで、厚生労働省から許可を頂いております。
    従って、自賠責保険が適応されますので、基本的に無料で治療を受けることが出来ます。(一部例外もあり)
    この為、安心して治療を受けることが出来ます。
    任意保険に個人的に加入されている方も、念の為に同時に連絡を入れておくと良いでしょう。

  4. 目立った外傷がなくても病院か整骨院で診察を受診する

    事故直後は興奮している為、症状が出ない方がいらっしゃいます。
    「自分は大丈夫」そう思っていても、後になって出てくることがあるのが交通事故の後遺症です。
    事故の衝撃は思った以上に身体に負担を与えます。 事故にあった場合には必ず病院、整骨院へ受診するようにしましょう。
    くずぬき整骨院・整体院への転院、また病院との併院も可能です。

  5. 整骨院でしっかり治療

    くずぬき整骨院・整体院では交通事故・むち打ちの施術を得意とする院長があなたの痛みや症状に合わせた施術を行っていきます。

必ず警察へ

どんな軽い症状でも交通事故に遭ったら、必ず警察に届出るようにしましょう。
自己判断をしたり、その場で示談をすることはしない方がよいでしょう。
通常、加害者に届出の義務がありますが、加害者が届出をしない場合には、被害者から届出をするようにしてください。

はじめは症状がなくても、後からむち打ちの症状が出てくる事もあります。
私達が思っている以上に、車同士の衝撃は凄いものなのです。
きちんと警察に届出る事で、初めは物損事故に済ませていたものを人身事故へ変更することも出来ます。
ですから警察を呼んで「交通事故証明書」を貰う事が大切です。
その後はしっかりと病院に行き、検査を受けましょう。

交通事故の後遺症は、その事故の瞬間から発生してしまう方もいれば、数年後に発症する方もいらっしゃいます。
数日後の発症であれば自賠責保険は適用されます。
尚、体調に異変を感じる、原因不明のめまいや頭痛があるなど、これらの症状に該当する方は、病院で必ず検査をして貰いましょう。

その後はくずぬき整骨院・整体院で、交通事故治療をさせて頂けたらと思います。

dummy