骨盤矯正・姿勢矯正

骨盤の歪む原因とは・・・?

「骨盤の歪み」原因となっているのは日常の"習慣"です。
日常の動作やクセなど、偏った姿勢が大きな原因となりやすく、そのほとんどが後天的な理由から来ています。女性は毎月の生理など女性ホルモンの働きで骨盤がゆるんだり締まったりしていて、元々動いているため歪みやすい傾向があります。出産も同様です。

  • 脚を組んで座る
  • バッグをいつも片側だけにかけている
  • アヒル座りを良くする
    (膝をくっつけてペタンと座る)
  • うつ伏せで寝ることが多い
  • 脚をクロスにして立つと楽
  • 運動不足で筋力が低下している
  • 偏った姿勢での仕事が多い

上記のような行動や状態は歪みを引き起こしやすいので、見直してみましょう。

歪みが引き起こす症状

痩せているのに下腹だけぽこんと出ている、お尻が後ろに突き出して目立っている、ウェストのくびれがない、そり腰や猫背が気になる、肩やウェストの高さが左右で違う……。
そんな風に身体のアンバランスさを気にしている方は多いのではないでしょうか。同時に腰痛や肩こりに悩まされている方も少なくないと思います。これらの症状はすべて、骨盤のゆがみと関連していると言っても過言ではありません。

骨盤がゆがむことによって生じる様々な症状は、なにも骨盤の周辺にだけ起こるものではありません。足の骨が曲がってO脚になってしまったり、肩こりや腰痛、神経痛に悩まされたり、女性の場合では不妊や生理不順の原因になっていたりします。全然関係ないと思われる頭痛や精神疾患も、骨盤の歪みが原因で引き起こることも考えられます。骨盤のゆがみから背骨がゆがみ、そこから首や顔までもゆがんでしまうこともあります。鏡を見てみてください。眉の高さやあごの位置がずれたりしていませんか?ほお骨の高さも違うなんていう場合には、頭蓋骨もゆがんでいるかもしれません。

骨盤の歪みは全身の症状と大きく影響するのです。
歪みが蓄積されればその分改善にも時間がかかります。

当院は骨盤矯正の専門院です。まずはお気軽にご相談ください。

dummy